• のじょみ

マナリのきらきら





Namasteでございます

今年のホーリー休暇はヒマーチャルプラデーシュ州にある、マナリという村にいました のぞみです






バックパッカーの聖地とか、マ○ファナの聖地とか

あまり良い呼ばれの無いヒマラヤの中の村ですが

名前を聞いて、サーチしたら、「これは行かなきゃ!!」となりましてね。。

やっぱりインドは北部が好き。。!







今回の旅はデリーからマナリまで夜行バスで片道約15時間

バスはセミスリーパーだけなのでリクライニングでずり落ちることに耐えながら

片道Rs.1200くらい







着いたらそこは ご ご 極寒 !!!

初日の夜はまさかの大雪で。マイナス3℃で。

オートリキシャで大雪の山道を駆け抜けるという偉業?を成し遂げました

旅中、朝晩はずっと凍えてましたねー。。

誰なんだ、3月もシーズンとか言ったのは。。。






お土産街とレストラン街のニューマナリ バックパッカーに人気の沈没エリア、オールドマナリ

そして温泉(!!!)がある近郊の村バシシュト

そんな構成の小さな村







オールドマナリにはほとんど毎日通っていたのですが

料理のクオリティが高すぎて(お値段も高い)お腹がしあわせでした。。❤︎ しかも沈没エリアなので脱力カフェ天国

ということはお分かりかもしれませんが、周りの人たちはみんな大麻の煙もくもく







滝を見に、バシシュトで軽くハイキングとかもしてみたのですが

美しい自然の中で確かに誰かの生活があって

過去の嫌なこととか、これからの不安とか

そういうものを考えないで自然体でいられました

今見つめている現実がきらきらしていて、夢中。







とはいえ観光地のお寺を訪れると

外国人や。。という目線と同時に、コロナという言葉が降りかかりました

常識の無い薄情で可哀想なひとも多くいて攻撃してくる、悲しい世の中ではありますが

一緒に旅してくれた友人や、飲んでくれる友達や

わたしを見捨てずに気遣ってくれる周りのひと

大切なひとたちとわたし自身は、一緒に笑っていられますように。

ずっとそんなことを考えていました。














↓ぽちっと応援お願いします!↓


113回の閲覧

Categories

Archives

© 2020. Proudly created with Wix.com by Nozomi