• のじょみ

日本に本帰国しました!

最終更新: 10月30日





Namasteでございます

日本の空気が美味しすぎて感動しています。のぞみです。




ついに東京へ本当に帰還しました・・・!!!

2020年10月17日夜のJAL臨時便にて、18日早朝に羽田空港に到着しました

刺激が多すぎて、今迄ばたばたしちゃって・・・

ちなみにこちらの運賃はone wayで1 Lakhルピーでした(=約15万円)




デリーのインディラガンディー国際空港はほとんど通常運転で

お土産物屋が大半閉じているくらい

イミグレ後のduty freeはいつもと同じようにきらきらしていました




臨時便の座席は日本人でほぼ満席でした

この方々はどこから湧いているんだ??という感じ 笑

みんな嬉しそうな顔でいらっしゃいましたが(そりゃ嬉しいよね)

わたしは離陸時はMAXの愛しさと切なさと心弱さと・・・で号泣 笑

しかも何故か席がちょうど羽の真上で下界の景色がほとんど見えませんでした。。

一瞬にして消えたデリーの景色でした










●羽田空港のPCR検査状況(2020年10月18日時点)●


当局の指示で、座席30番までの乗客が先に降機

その後、検査の順番待ち場所に流れて行きます

(すべてあいているゲートを使用している感じで椅子たくさん)

ここで機内でもらって書いた渡航歴やら滞在先やらの書面チェック


↓↓↓↓↓↓↓


その後、検査キットを受け取って唾液ぺっぺブースへ

羽田空港での検査は喉に棒をつっこむやつではなく、唾液検査でした

そのブースにはレモンや梅干しの写真が貼ってありましたw

インド帰国組とか、ラーメンが貼ってあってもなんでも美味しそうすぎて普通によだれ出そうよね

既定の量をキットに入れたら提出です


↓↓↓↓↓↓↓


その後カウンターで滞在先や移動手段のチェック (住所は書面で、移動については口頭ベースで)

対応してくれたお姉さんは朝3:30からのシフトらしい

そして検査結果待ちの場所へ(これもanother空きゲート)

15分くらい空を眺めていたら、続々と掲示板に被検者番号が出てきました

わたしの番号は30分以内に現れた気がします

ソーシャルディスタンス関係無くぞろぞろ並んで無事陰性でした

陰性であれば、ゲートを通ってイミグレやバゲージクレーム迄とことこ

(わたしたちのguessでは、陰性から先に呼ばれているのでは?と思っている)

バゲージクレームでは荷物は全ておろしてあったので楽々でした





ざっとこんな感じで1時間強で出てこられたように思います

普段より余裕があってスムーズな気がした。。早朝フライトが他に無かったのかな





その後はインドからネット予約したレンタカーで予約済みのAirbnbに到着!

(わたしは運転していない)(免許あるけど車運転できない)(彼氏のひとに大感謝)

入ってみたら六畳一間で、インドでは1BHKのゆったりルームだったので

当たり前ですが牢屋に入りに来た気分でした・・・

でも激ポジティブな彼氏のひとはこんなところ2度と住めないよ!と言っています。。

大きな窓はあるので良かろう・・・日光無いと死んじゃう





いつも日本に一時帰国する時はインドの長期休暇ディワリの10-11月でした

本帰国の今回も運命なのか10月。日本はサンダルでは寒いねえ。。

(インドからチャップルしか持ってこなかった)

そして空気が乾いていてほんのり冷たくて甘いような気がして日本を感じました

日本の冬って寂しくて生きにくかった、そんな感覚が少し蘇って怖くなったりもしました





インドの冬もデリーは北部なので実は激寒&大気汚染MAXなのですが

路上で温かいチャイ飲んでリキシャの走る街を眺めているだけで幸せだったんだ

クラクションが煩くて気が紛れていただけなのかもしれないけど

生きているみんな元気だったし、自然が近かったし、寂しくなかったんだ

なんか心は温かかったんだ





日本では来月から新しい会社での仕事が始まるけど

普通のモードでいたい。仕事のテンションも日常の一部であって欲しい。。

早速いまのAirbnbで新会社とzoomしようとしたら繋がらなくてリスケになって凹んだけど

本当の人間の世界では、そんなこともなんでも起こってしょうがないんだ

(インドだと予期しないことばかり、なんでも起きるからむしろ凹まない)

しっかりとした型にはまって、しっかりと歩かないと怖い日本(何故だ???)

このまま他人の事なんて細部は気にせず、

「しょうがないよね」くらいで生きていたい今日この頃。。

変化や柔軟性がより求められてくるしね。。。




インドは生き心地が良かったのになんでやろなあー。。

だからといって戻りたいわけでもない。








それにしても、日本はやはりコンビニの飯すらもウマいね!!

東京の道を歩いて看板を眺めるだけで、「すげーうまそー食いてー」しか言っていません

全部の店を食い尽くしたいくらい 人生が足りないわ

日本は女の子皆痩せていて恥ずかしくもなったりするのに、とにかく食べたい。。

牛モツ煮込みを食べた時に、旨味が身体中に染み渡る感覚があって、しびれましたああ。。




ひとまず自主隔離は今週末までなので

ゆるゆると気候や食において日本に適応しつつ、新しい生活の準備をしようと思います

冬服買わなきゃ(;´・ω・)









↓ぽちっと応援お願いします!↓




Categories

Archives

© 2020. Proudly created with Wix.com by Nozomi