• のじょみ

30日のカウントダウン~絶望編~





Namasteでございます

先週末にパハールガンジ(Paharganj)を再び訪れました のぞみです

誕生日祝いを、4年前に初めてデリーに来たときの思い出の場所で過ごしました




もうインド(デリーとグルガオン)は普通の日常ですね

コロナなんか、存在しなかったみたい

まあ今はほとんど皆マスクしてるけど




日本人って何故、仕事が途切れるとものすごい不安に襲われるのでしょうね

ついにCOVID-19にやられて、現在の会社が日本事業をクローズすることになりました

つきましては現地採用への解雇通達がありました

まあ、インドで遅かれ早かれこの事業は潰れるだろうなと思っていましたよ





私は先月から転職活動をしていたので

あら、退職日が早まったな 程度でしたが

退職がはっきりすると、次の仕事がまだ無いことにすごく焦り始めて

インド人の友達はみな、No tentionだよ〜あと15日マインドリフレッシュに使うんだよ〜と言ってくれて

確かにこんな贅沢(?)な期間は無いわな、と思ったりもするんだけど

日本に帰るとなると、お金、お金、お金、、、、なのかな

不安ばかりがよぎるんだ





社長からは、演技かのような重々しい顔で謝られた

でもそんなのどうでもいいんだ

なんか、一瞬だけだけど、開放された気分になって安心した

ロックダウンの間、本当に環境がひどかったから

やっと、開放された気がした 仕事から、ね

インドからは追放されたくなかったんだけど





他の現地採用メンバーは泣いたり、謝ったりしていた

何故みな、そんなに謙虚なのでしょうか

私は大人になれていないのかなあ

会社から引き継ぎ処理として何を依頼されても

拒否したいし、なんなら嫌な思いすらさせてやりたいんだ

大人になれと言われても

もう社長の顔も駐在員の顔も見たくないんだ

何故そこまでしてまだ行儀やら体裁やら善意やら

そんなものを尊重しなきゃいけないんだい





複雑な気分ですね。実に複雑。





現地採用って、本当に良かったのか、最後まで分からなかった

給与も(日本人にしては)かなり低いし、待遇も雑だし

でも大好きなインドで自由に生活できることがメリットだよね

海外就労チャンスを自分に投資しに来たつもりだったけど

実際のところ、どうだったのだろうか





そんなこんなで、私はまだ転職活動の一喜一憂に耐えて頑張っているけど

彼氏のひとは内定を戴き受諾したので、日本帰国日も決まりました。

インド居住はあと1ヵ月です。

オーナーに話したら、誕生日に私の好きなウィスキーをくれるくらい素敵なひとだから

「日本でまた頑張りなね!またうちに遊びにおいでね」て言ってくれて・・・

今見えている景色も、1ヵ月後には見られなくなるんだと思っていると

なんか霞むというか、なんかリアルではないような、毎日です





インドを去るという事実を実感するたびに、泣きじゃくっている毎日です








↓ぽちっと応援お願いします!↓


Categories

Archives

© 2020. Proudly created with Wix.com by Nozomi