• のじょみ

金で継ぐ人生






Namasteでございます

本日2けつでバイクライドしていたのに、鳥の糞に左肩をやられました のぞみです

鳥からも糞という贈り物を授けられました

本日9月10日(火)、誕生日ののぞみです





昨夜はホステルの友達にたばこを吸いながら0時に歌って祝ってもらい、

今朝は現職のクライアントのインド人女子と「ガンパティ」という巨大ガネーシャ像(象の像)(トリック)祭りに特別枠で行ってきました!





どやっ!!!!!







なんなのですか この世界観は・・・・・!?

(一応チャンドラヤーン月面着陸をテーマにしているらしい)(失敗したけど)

(でも神の背景にしなくても)(宇宙と神)(激やば)





昔からガネーシャ様は大好きで、巨大なお姿を拝見できて嬉しいのですが

(恐らく10mくらいあります)

この独特の世界観には、笑いを止めることができませんでした ごめんなさい。。





ちなみにこの「ガンパティ」というお祭り

ムンバイで開催されるガネーシャのお祭りで、インド全土から拝みに来るレベルです

普通枠だと長蛇の列に1日待つこともあるのだとか・・・恐ろしい。

わたしのクライアント女子の旦那さんがこの祭りの主催会員?らしく

しかもわたしが誕生日だからという理由で2分で拝めるルートに通してくれました!!

こんな素敵な恵まれたエネルギー溢れる誕生日最高ですっ!




来客の皆様の図(どれが列・・・?)







ガネーシャ様の巨大像というよりも、インド人の数と熱気に圧倒されるガンパティ。

特別枠で通してくれたクライアントに感謝・・・

それでも狭い門を抜ける時は押されて揉まれて叩かれたけど・・・

(神を前にもがき苦しみ暴れる愚かな人間ども)






26歳最後の夜、「金継ぎ」という日本の芸術を教えてもらいました

壊れた陶器の破片を、溶かした金を使って繋げて修復する技法

これがまた金の流れが個性的で美しいんだわあ

日本人なのに日本のこんな素晴らしい芸術を知らなかった





そしてこう言われた、「君はその金継ぎなんだよ。」

過去に壊れた自分自身を、繋ぎ合わせて修復している途中なんだ

その完成の先にあるのは、美しい、金に繋ぎ留められたわたし自身

わたしは、インドと言う名の金で、壊れたわたしを繋げているんだ

この経験は、わたしの血となり肉となり心となり、人生を形づくる





27歳は、まだ金で破片を繋ぐ作業がたくさん必要だと思う

キャリアも、人間関係も、拾った破片をどう繋げるか選び続けなくてはいけない

でも、自分に嘘をつかないで、生きていたいです。










↓ぽちっと27歳に応援お願いします!↓


0回の閲覧

Categories

Archives

© 2020. Proudly created with Wix.com by Nozomi