• のじょみ

3ヶ月の"without"生活

最終更新: 6月15日






Namasteでございます

Podcastのバイリンガルニュースが再びブーム のぞみです

写真は、インド産のコーヒー豆たちです~大好きダークロースト!




大学5年生のときの元彼…という名の騙し屋(色々あった)に勧められて

途切れ途切れ4年間ずっと聴いてきたバイリンガルニュース

今では我がヘビロテのSpotifyでも聴くことができるのですね!⇒こちら参照




最近は、鬱の薬はどうやってやめられるんだろ?と悩んだりしていたので

(多分正解は、主治医と計画してやめることなのですけど)

鬱病を薬治療も通って乗り越えたMamiさんの経歴も気になったりしたのが切掛で。

また聴き出すと、バイリンガルニュースはMamiさんとMichaelさん(なんか、Michaelにさん付けが馴染まないのはなぜ 笑)は素直なのに的を射ている会話だよなあと

つくづく思う。聴いていてすっきり通る。

Mamiさんのコラムとかも、共感できる思考ばかりだし、わたし自身が発信したいことと重なったりする。





まあ、そんなこんなありますが、切掛は先述の通り鬱の薬のやめ方で

なんとこのインド軟禁期間にわたくし


すっかり!すっかり!!


メジャートランキライザーをやめました・・・!!!





18歳から毎日飲んでいたから合計約10年だったのですが

(*直近のコンビはエビリファイとジェイゾロフト。2017年から。良く効いた。)

2月末から飲まなくなって、3月中に苦しくて少し飲んで眠気と怠さで諦めて

つらい離脱症状みたいのもあったけど頑張って耐えたり忘れたりしていたら

約3ヶ月やめていました。。。もう身体からも完全に抜けただろう。





でも、こうしてやめられたのも、この期間に家にしか居なかったからであって

これからオフィスに復帰して対人機会が増えることで

ストレスが元に戻ってまた症状がぶり返すかもしれません。

確かに、薬は精神的状態も、それに伴う身体的な症状も良く保ってくれていたけど

わたしの場合、自分の考え方の癖や生真面目さといった、

自分に自分で負荷を掛けることになっている要因を改善しないと

何をしても根本的な解決には至れないのだろうとは思っている。





なのでオフィス復帰後に「やめられた!」と最終判断すべきではありますが

ここ最近の体調変化をメモメモ・・・





【精神的変化】

●普通に生活している分には至って問題無し

●不安に思ったことや嫌だなと感じたことがあると長時間、頭の中をぐるぐる支配する

●不満やショックといったストレスにすぐ反応して苛々する頻度は上がった



【身体的変化】

●普通に日中に自宅でPC仕事をしている分には至って問題無し。

●朝怠すぎて起きられない(人生27年間そうだし、元々の貧血の可能性もあるし、ロックダウンで会社に行かないから始業よりかなり早く起きる目的も実際無い)

●ちょっと運動するだけでも疲れる(貧血の可能性もあるし、ロックダウンも助長)

●完全に電池切れしていきなり気絶するように眠ることがたまに起きる

●精神的切掛が無くとも、いきなりハラハラしたり、深呼吸が必要なときがある

●蕁麻疹が4日に一度くらいの頻度で出てくる





といった感じで、在宅ワーク軟禁生活の今は呼吸を整える必要がある程度で

このままならトランキライザー無しで残りの人生歩める・・・♥みたいな気分です





来週からオフィス復帰をする兆しが見えてきたので

対人環境での自分の癖や反応を知覚して、自分をなだめて、深呼吸して

インド生活を続けていこうと思います。

インド人は日本人とまた違うベクトルで大変な人達ですからね。笑








●ぽちっとブログ応援お願いします!●


Categories

Archives

© 2020. Proudly created with Wix.com by Nozomi