Relationship記念日

Namasteでございます 3月22日のロックダウン0.0以降初の路上チャイに巡り合いました のぞみです この約4ヶ月間、この甘々インドチャイが無くてもやっていけてたのに ある時意識した瞬間、これを探し求めてセクターを迷子になっても良いと思える程さまよっていました 色んな屋台のおじちゃんに聞いて指をさされた方向に歩き続けてやっと 最後のおじちゃんは「あそこだ。ベストチャイだぞ」と 飲んだら、本当に本当に、ベストチャイだったーすごいなインド しかしまあ、気温は30℃台になってきたのに湿気がすごいですね 雨季なんだものね そうだよね いつの間にかインドの真夏は少し身を引いていたのね この1週間かそこらの間で、私の心が完全に折れた音が聞こえました 叩いてみて文明でも何でも良いけど開化の音がしたなら良かったのに 会社からの冷たい冷たい対応により、信頼も希望も、消えてしまいました ものすごい勢いで怒りや悔しさが身体中を駆け巡って破裂して 当日は半日、昔のような鬱状態になって意識が朦朧とする中、動けなくなりました 夜も収まらない怒りと憂鬱で、結局眠れなくて インドの午前3時くらいからは日本の友人が起き出すので、チャットで助けてもらいました 友人の言葉ですごく安心が出来て、朝陽が窓から差し込んだ朝6時に眠れました 眠れなかった夜が明けた、あの朝陽ほど、切なくて残酷なものは無いよなあ 少し前より漠然とは考えていましたが やはりじきに本帰国をすることにしました 現地採用正社員特有の積立金(PFってやつです)の回収困難など、生活クローズにも時間を要するので今すぐ退職して帰国はしませんけど とはいえ

己を取り戻せ!

Namasteでございます 家でトゥルシーを育てているのですが、一部絶対に違う奴がぐんぐん育っています のぞみです 魔訶不思議な国 インド さすがです 起こること全てが奇跡のように思えるのです そんなインド、ついに全感染者数は90万人に近付き世界3位になってしまいました もう今や1日のご新規さんは3万人近く 不謹慎ではありますが、もうなんなら世界1位までぶっちぎってほしいとさえ思うようになりました 混沌の国インド、ある意味その難しさの本領を発揮してほしい わたしの頭がオカシイのは分かっています こういう状況ではあるものの 感染が怒涛の拡大を見せているのは ムンバイのあるマハラシュトラ州、チェンナイのあるタミルナドゥ州、そして首都デリーのデリー州 その為わたしが住んでいるグルガオンのハリヤナ州はそこまで拡大が進んでおらず ショッピングモールもほぼ全開になりました ほらね、日本人の癒しの韓国ベーカリーでもゆっくりできるようになったよ これだけでもすごく幸せな、満たされた気持ちになるのです 東京にいたら、カフェなら行き放題なんだろなぁと思って少し悔しいけどね わたしなんて吉祥寺にずっと入り浸るだろうなぁ まあ、でもこれから本帰国したらいつでも行けるから、焦らなくて良い 今インドの地で目一杯感じられること、やれることを享受していれば良い 故郷を想う気持ちはいつだってあるけど、想いを馳せすぎて今が薄れてしまうなら勿体無いもの 7月に入ってから わたしの企画した新規事業が取り下げられてしまったり 新しい業務もそんなに盛り上がらなかったり なあなあな、窓から空を眺めるだけの毎日が続いている

まぐろの解放

Namasteでございます 一昨日くらいから朝晩5分くらいのストレッチをするようになりました のぞみです 血行促進効果のお陰か、足の浮腫や怠さがほとんど消えています 感動してます。。ありがとう亜美さん。。! インドでもう約3ヶ月在宅勤務をしている中で、少し楽になってきた・・・ というか自分で自分自身を解放してきた一面があります そりゃ、給与はやはり出来るなら100%欲しい (今月からさらに5%減給決定) 業務だっていつも通りの効率で、ハラハラ、悶々せず気持ち良く進めたい けれども、この状況下に於いて 上手くいかない、思い通りにいかないことが起きすぎて もちろんそれらを防ぐ為に頑張ってはいるものの、それらは起こってしまっても当たり前であって 今までの日常と同じ「普通」を過剰に求めては自分で自分を苦しめるだけだと思い知りました 2週間前くらいまで 在宅なのにメールを常にチェックしないと 同僚の顔が見えない分、根拠の無い憶測が一人走りしてものっそい不安になったりして 寛ぎの場であるはずの家に居ても訳も分からずハラハラしていた そして血流滞るし。心身共に不健康。。 大好きなインドに居るのに、居場所を失った感覚でした そうこうして「頑張らない」という、 ただの放棄であれば簡単に思えるけれども中々アクション出来ないところまで来ました 日本の大手で営業をしていたこともあるし インド前職でも大手企業を相手にパフォーマンスを評価されていたし 自分に対する期待もあり、かつ周りのひとに対する期待もかなりあった しかし今ここへ来て ビジネスビジネスしていないチームだったり、それに相まったウイルスの影響

Categories

Archives

© 2020. Proudly created with Wix.com by Nozomi